施工事例一覧にもどる

神戸市北区で屋根・外壁塗装を施工中です。


  • 震災後、一度塗装済みですが、劣化が著しく
    塗装工事をなりました。

  • 足場を組みます。
    周辺へ汚れ、塗料の飛散を防止します。

  • 足場架設後、現状の確認。
    既存塗膜が剥離しています。
    下塗りの処理が悪く、塗膜が密着していません。

  • 塗料が防水、撥水能力を発揮していません。
    水分を常に含むため、苔が生えています。

  • いたるところに塗膜の密着不良を確認できます。

  • ひび割れ補修跡
    補修したはずのコーキングが剥離し、塗膜を押しています。

  • 雨が侵入した跡が見られます。

  • 不良塗膜を剥離。
    ひび割れにコーキングが刷り込まれていないため
    そのまま、ひび割れが見えてきます。
    雨漏れの原因になります。

  • コーキング処理
    剥離した塗膜との境を抑え込み、またひび割れに押し込むように施工します。

  • 逆フプライマー処理
    これにより、ひび割れ補修跡が目立ちにくくなります。

  • 屋根高圧洗浄後
    塗膜が剥離してしまいました。
    屋根についても密着不良と、塗膜の薄さが確認できます。

  • 壁洗浄後、やすりで表面を滑らかに処理していきます。(ケレン作業)
    しかし、旧塗膜が綺麗に剥がれず、また、硬化不良を起こしているため、これ以上
    剥離することができませんでした。

  • 下地の状況が予想以上に悪いため、シーラーを強化シーラーに変更します。
    旧塗膜を下地に押さえつけ、コートします。同時に粘着性があるため、上塗り塗料の密着を助けます。

  • 鉄部さび止め
    二液性のものに変更。
    通常は一液性を採用します。

  • 屋根:鉄部もさび止めを施工します。

  • 屋根:下塗り 浸透シーラー×2
    屋根にツヤが出てきました。

  • 屋根:上塗り ファインシリコンベスト(二液性)×1回目

  • 壁も二液性を採用

  • 下塗り:アンダーフィラー弾性エクセル
    細かいひび割れや傷を隠すことができます。
    モルタル壁によく採用される材量です。

  • 塗り残しを出さないように、中塗りと上塗りの色を変えます。

お電話でお問合せ

078-904-1167

月-土:9:00~18:00

メールでお問合せ