施工事例一覧にもどる

西宮市でサイエンスホームsクラス施工中です。


  • まずは地盤調査
    支持層があり問題ありませんでした。

  • 基礎工事に着手しました。
    隣地までのの距離が近く、確認申請書に準じて位置を確定していきます。

  • 鉄筋工事

  • 鉄筋の配置、大きさなどは検査対象項目になります。
    逐次確認をして進めます。

  • 型枠配置

  • ボイド管設置
    基礎を配管が貫通する必要がある部分について事前に筒を配置しておきます。
    基礎完成後に開口を行うと基礎を痛める可能性があるためです。

  • 基礎完成

  • 床下配管を先行して行います。

  • 1階の床下地
    断熱材30㎜を配置します。

  • 足場設置
    隣地が近くぎりぎりの幅で配置します。

  • 棟上げ

  • 屋根にも30㎜の断熱材を最小しています。通気を取るため、30㎜の木材を配置します。

  • 構造材が組みあがりました。

  • 駐車場上も室内にあたる部分は断熱材を配置します。

  • 壁断熱も30㎜です。継ぎ目は気密テープで塞いでいきます。

  • 耐震金物を指定の位置に配置していきます。
    耐震等級2で設計しています。

  • 外部に貫通する部分は周辺に発砲ウレタンを吹付気密漏れを防ぎます。

  • サイディング工事に先行して透湿防水シートを施工します。

  • サイディング施工
    全体を金属サイディングを採用しました。
    ベランダをポイントとして貼り分けをしました。

お電話でお問合せ

078-904-1167

月-土:9:00~18:00

メールでお問合せ